家庭脱毛 ムダ毛ケア ランキング

自宅で使えるムダ毛ケアの脱毛器徹底比較

ムダ毛が気になる季節が、もうすぐやってきますね(3月執筆です)

 

 

皆さんはどのような方法で、ムダ毛の処理をしていますか。

 

 

肌を露出する季節になってきますと、女性の悩みの種はムダ毛の処理ですね。

 

 

最近では男性でも、男性専用の脱毛サロンなどもできまして、ムダ毛のお手入れをしたいと思っている方がとても増えたようです。

 

 

少し前までは、毛むくじゃらの胸毛や腕の毛が男性らしいと、もてはやされた時代もありましたが、今や男性も中性化してムダ毛の男性はもてなくなってしまったようです。

 

 

 

 

ここでは、家庭で自己処理によって、お手軽に誰にも知られず簡単にムダ毛が処理できる方法を考えてみたいと思います。

 

1・かみそりなどの刃物を使用したムダ毛処理の方法

 

2・刃物を使わなくて、熱でムダ毛を焼き切る方法

 

3・薬品などを使用してムダ毛を脱色・溶かすなどの方法  

 

4・ワックス脱毛による自己脱毛法

 

5・脱毛石鹸による脱毛

 

6・豆乳ローションによる抑毛

 

7・毛抜きによる脱毛方法

 

8・家庭用脱毛器による脱毛方法

 

 

ムダ毛ケアの処理には、自己脱毛の中では今のところ家庭用脱毛器が一番優れた脱毛方法ではないでしょうか。

 

 

それでもそれなりの金額がかかり大きな出費となるため、気軽に買うのは難しい製品です。

 

 

いろいろなメーカーの家庭用脱毛器を比較しておすすめの家庭用脱毛器を検証・比較してみました。

 

 

ムダ毛の処理には様々な方法があります。

 

でも、大きく分けてみますと、

 

1・自己処理によるムダ毛処理

 

2・脱毛サロンや医療脱毛によるムダ毛処理

 

の二つに分けられます。

 

 

自己処理によるムダ毛処理にはどんな方法があるの?

 

安価で簡単に誰でもできる自己処理方法

 

かみそりなどの刃物を使用したムダ毛処理の方法

 

かみそりを使用した方法

 

すべすべお肌の大敵ムダ毛。脱毛処理をする方も多いですが、そのムダ毛処理の定番といえばカミソリということになりますね。

 

 

しかしカミソリでのムダ毛処理は、気をつけなければいけないことがいっぱいあります。今回はそんなカミソリでのムダ毛処理で気を付けることをまとめてみました。

 

 

最も簡単ですが、剃刀の刃が肌の表皮の角質まで削り取ってしまいますので、最も手軽で簡単な方法ですが、肌へのダメージが特に大きいとされています。

 

 

 

カミソリによる方法お手軽で、いつでも簡単にできますから、コストパフォーマンスが高い方法ですね。

 

 

しかし、剃刀の最大のデメリットは、肌への負担が少ないとされる女性専用のカミソリもありますが、剃毛する以上、皮膚に大きな負担がかかることは避けられません。

 

 

ムダ毛処理にカミソリを使っている人は多いものの、決してカミソリはオススメできる方法ではありません。

 

 

特に肌の弱い人にとってはカミソリによる処理が脅威となりかねません。

 

 

露出が多い季節になると、よく足のボツボツ毛穴が目立っている人を見かけますが、あれでは単に見た目が悪いというばかりではなく、痒みや痛みなどを引き起こす原因にもなってしまいます。

 

 

このようなケースでは毛穴が炎症を起こしていることも十分考えられるのです。処理の後のケアを間違ってしまうことで、毛穴から細菌が入り込んで悪化させることもあるので注意が必要です。

 

 

 

 

黒いブツブツ、ポツポツの原因は様々ですが、主にカミソリでの深剃りや、毛を抜く処理をすることで起こります剃ったムダ毛の断面が黒くポツポツして見えることがあります。

 

 

ここで、「昔はこんなに目立たなかったのになぁ…」と思っている人は要注意です。毛抜きやカミソリの処理で、毛穴の周りが盛り上がってプックリしているために毛が目立ちやすくなっていることが考えられます。

 

 

もしくは、毛が濃くなっている可能性があります。「毛は剃っても濃くなって見えるだけで、実は濃くなってはいない」、といわれることもありますが、この問題ははっきりとした答えが出ていないのが現実です。

 

 

ただ、マウス実験では10%程度毛が濃くなったという結果が出ています。剃った毛が目立つようになったという人は、毛が太くなったのかもしれませんね。

 

 

毛が皮膚の外に出られず、皮膚の中で伸びてしまうことを埋没毛といいます。この毛が毛穴の中でクルクルと渦を巻いて伸びると、黒くポツリとして見えます。これがたくさんあると、黒いポツポツ似見えてしまいます。

 

 

黒いポツポツの対処法はその原因によって異なりますが、共通していえることは原因となるようなムダ毛処理方法はしないことです。

 

 

特に、毛を抜くという行為が最も黒いポツポツが起こりやすいので、やらないようにして下さい。剃るというムダ毛処理をやめられないという方は、カミソリではなく、なるべく電気シェーバーを使うようにしましょう。

 

 

また、ムダ毛処理後のアフターケアも大切です。面倒な一手間ですが、肌をキレイに保ちたいのであれば怠らないようにしましょう。

 

カミソリによる方法のコストパフォーマンス

 

自己処理の中でも、最も費用が掛からない方法でしょう。

 

カミソリの価格は、100〜200円くらいですから、一週間に2回使用するとすれば、1が月で1000円前後ですね。

 

 

 

はさみでカットする方法 

 

はさみで切る方法は、とても手軽でコストをかけずに処理できます。思い立った時に素早く処理できるのが最大のメリットと言えるでしょう。

 

 

しかし、毛先が鋭角にカットされてしまうため、下着や水着の繊維から毛が突き出てしまったり、毛先がお肌を刺激してチクチクすることがあります。

 

 

また、慣れないと上手くアンダーヘアをカットすることができず、毛の長さがバラバラになりがちです。

 

 

はさみでカットする方法のコストパフォーマンス

 

はさみは一度購入すれば、数年は使用できますから、1000円のはさみがあればしばらくは、費用は掛からないということですね。

 

 

電気シェーバーによる方法

 

 

電気シェーバーの場合は、最近では性能もよくなってかなり深剃りのできるものが出てきましたが、カミソリによる方法と比較すれば、あまり深剃りはできません。

 

 

電気シェーバーの良いところは安全性が高く、肌への負担も少ないところです

 

 

それから、細い毛とか産毛などは、効果が少ないというデメリットもあります。

 

 

電気シェーバーのコストパフォーマンス

 

 

価格は用途や使用方法によって様々ですが、手足など簡単な場所の場合は、1000〜2000円くらいで購入できます。

 

 

男性用のシェーバーは少し高くなりますが、高性能のものがたくさん出回っていますので、そのほうが良い場合もあります。

 

 

しかし、電気シェーバーといえども1回買えば永久に使えるような気がしますが、替え刃とか外替え刃とか結構な維持費がかかります。

 

 

トリマーによる方法

 

 

トリマーとは簡単に言えば電気バリカンみたいなものですが、産毛や細い毛の処理に向いておりますが、歯が細いために太い毛などの脱毛には向いていません。太い毛には電気シェーバーの方が向いています。

 

 

この簡単な脱毛方法で一番おすすめなのは、電気シェーバーによる方法でしょうね。一番優しい方法は、男性の髭剃り用のシェーバーが性能が良くて使い心地もよくおすすめかと思います。

 

 

男性用のシェーバーは女性のシェーバーに比べ ヘッドは上下左右に動き、もみ上げなど長い毛を短く切れるようなものもあり、安いのに高性能なんですね。シェーバーは皮膚を守ります。

 

 

トリマーのコストパフォーマンス

 

トリマーの場合は、眉毛専用とか鼻毛専用とかVライン用など使用部部によっていろいろな種類がありますので、コストは様々ですが、安いものは1000円くらいから高いものは7000円くらいが多いようです。

 

 

 

刃物を使わなくて、熱でムダ毛を焼き切る方法

 

ヒートカッター(熱線式除毛機)の場合 

 

熱線が表面にあり、その表面部分を肌と平行に滑らせていくと均一にムダ毛を焼き切ることができます。ただ、使用方法を誤ったりすると、やけどの危険がありますので使用方法には注意が必要です。

 

 

ヒートカッターによる方法 カッターの先端にヒーターがあり、毛を焼くだけですので肌にはダメージがありませんが、カットする長さは自分で調整しなければいけませんので、熱くなる部分を肌に近づけすぎるとヤケドする可能性があります。

 

 

 

一般的に多いのが、コームに発熱する熱線がついたものです。この熱線にアンダーヘアを通してカットします。

 

 

メリットは熱によるカットなので、熱線式除毛機は毛の生え際近くから除毛することができて、毛先が丸くなり、チクチク感がなく、下着からヘアが突き出しにくいのがメリットです。

 

 

デメリットは、一度にたくさんのヘアを素早く処理できないことです。少量の毛を、なるべく塊にならないように熱線にあて、熱が伝わりやすい状態にしてカットするのがポイントです。

 

 

おススメの自己処理方法は、アンダーヘアのカット方法で一番のオススメは、ヒートカッターで焼き切る方法です。

 

 

時間がかかるというデメリットがありますが、せっかくカットしても下着や水着から毛先が出てしまっては本末転倒です。

 

 

また、チクチクした刺激がなく、アンダーヘアを安全に処理する工夫がされている点が、他の方法よりも優れていると言えるでしょう。

 

 

ヒートカッターのコストパフォーマンス

 

ヒートカッターの場合は、Vライン専用で使われる方が多いようですが、Vライン専用の場合は、2000〜3000円前後のものが多いようですね。 

 

 

線香で焼き切る場合

 

線香の火を消して、赤くなった先端でアンダーヘアを焼切る方法です。

 

 

ヒートカッターと同じで、カット断面が丸くなるため、チクチク感もなく下着からヘアが突き出しにくいのがメリットです。

 

 

また、コスト面では線香が一本あれば、簡単に使用できますからコストパフォーマンスは優れていますね。

 

 

デメリットは、ヒートカッターのようにアンダーヘアを処理する工夫がないため、ヒートカッターよりさらに時間がかかることです。また、やけどの危険を伴うのでオススメできません。

 

 

 

薬品などを使用してムダ毛を脱色・溶かすなどの方法

  

 

脱毛クリームによる方法 

 

脱毛クリーム、または除毛クリームとも言いますが、主な成分には毛を溶かす作用のある「チオグリコール酸カルシウム」というおもに毛を溶かすアルカリ性の成分が配合されています。

 

効果の高い除毛クリームは「チオグリコール酸カルシウム」がたくさん配合されているために、肌へのダメージが大きくなる場合があります。

 

どんな脱毛クリームがあるの⇒こちら

 

 

脱色剤などを使用して色素を薄くする方法 

 

脱色剤などを使用して、黒色の毛を一時的に目立たなくする方法ですが、とても簡単にできます。

 

当然ですが毛の長さは変わりありません。

 

脱色剤の主な成分は過酸化水素でこれに油分や界面活性剤、漂白促進剤を含んでいます。

 

 

特に過酸化水素は酸化剤であり、皮膚粘膜に対する刺激・腐食性があるといわれていますから、常時使い続けることは肌表面に有害になる場合がありますので、あまりお勧めできません。

 

どんな脱色剤があるの⇒こちら

 

 

抑毛剤は毛が生える力を弱める方法  

 

抑毛剤といわれるものの主成分は、エフロニチンという成分ですがですが、本来の睡眠病の治療に使用されていましたが、偶然、体毛の成長を抑制するということが発見されて使用されるようになりました。

 

 

エフロニチン自体は大変効果的な薬剤であり、処方薬として医師から処方箋を出してもらい、薬剤師のいる薬局で購入する種類の"医薬品"になっています。

 

 

簡単に抑毛剤を使用するのは、大豆イソフラボンが女性ホルモンと似た働きをして、毛が生えるのを抑制することがわかって、大豆イソフラボンを使用することで、エストロゲンによく似た作用が備わっているため、直接毛穴から大豆イソフラボンを取り入れることで毛を薄くする効果が期待できます。

 

 

ただ、この方法は即効性がなくて、効果が現れるまでには数週間〜数ヶ月間かかります。個人差も大きく人によっては全く効果が現れないこともあります。

 

どんな抑毛剤があるの⇒こちら

 

 

ワックス脱毛による自己脱毛法

 

ワックス脱毛とは

 

ワックス脱毛とは、主にエステや自己処理などで行われている脱毛方法で、脱毛専用のワックス(ミツロウやパラフィンなどの融点の低い固形油)を利用し、毛根から一気に抜き取る一時的な脱毛法です。

 

 

簡単に言えば、ガムテープの強力なものを毛の生えているところに張り、それを一気にはがすようなものです。結婚式や旅行など、あるいは美容上に一時的に脱毛が必要な方が安価で手軽に行える脱毛方法です。

 

 

 

ワックス脱毛の特徴

 

ワックス脱毛の特徴は、処理時に複数本の毛を一気に抜き取るので、かなりの痛みをともないます。

 

 

また、ムダ毛の処理時には古い角質まで一緒に取ってくれるとのことですが、取ってはいけない成分まではがしてしまうので、お肌へのダメージがかなりあるため、処理前・処理後のケアを十分にする必要があります。

 

 

脱毛の処理後、皮膚の再生が早いと埋没毛になることがあります。

 

 

ワックス脱毛の効果

 

ワックス脱毛の効果は、処理をしてから2〜3週間はつるつるな素肌でいられるとのことですが、永久脱毛でないため、再びムダ毛は発毛してきます。

 

 

ワックス脱毛のポイント

 

ワックス脱毛のポイントは、毛の流れに沿ってはがすようにすることで、お肌へのダメージ、脱毛処理時の痛みが軽減されます。欧米諸国ではかなりこの方法が普及しているようです。

 

ワックス脱毛の詳細は⇒こちら

 

 

脱毛石鹸による脱毛

 

「脱毛石鹸」はまだまだ認知度が低い脱毛方法ですが、まだ完全にその効果が認知されたわけではありませんので、何とも言えませんが、その脱毛原理は、自然界に存在する原料としているために、安全性については特に問題はないかと思われます。

 

脱毛石鹸による効果

 

■体毛が濃いなど、そういったお悩みを持っている方
■お得に全身脱毛をしたいという方
■日々のお手入れが面倒で仕方がないという方
■仕事などが忙しく脱毛サロンに行く時間がない方
■あまり費用もかけたくない方
■カミソリを使ってしまうと肌が痛み、ガサガサに荒れてしまうという方

 

脱毛に関してお悩みがある方にこちらの脱毛石鹸は脱毛専門サロンの為に作られた石鹸であり、レーザー脱毛より除毛効果があるともいわれています。

 

 

植物由来の凝縮特殊成分が、肌を傷めず毛根に直接染み込み発毛細胞を攻撃いたします。

 

 

有効成分のラレアディバリカタ葉エキス、ビルベリーエキス、カッコンエキス、パパイン、豆乳発酵液の自然由来凝縮液を調合し余分な成分は一切含まれない純粋な石鹸になります。

 

 

レーザー脱毛を超えた究極の永久脱毛石鹸になるかもしれませんね。

 

どんな脱毛石鹸があるの⇒こちら

 

 

脱毛石鹸の成分はどのようなものでできているのでしょうか。

 

■豆乳発酵液(イソフラボン)

 

なぜ大豆に含まれるイソフラボンが脱毛効果や抑毛効果があるかと言えば、『男性ホルモンが多い人は体毛が濃く、女性ホルモンが多い人は体毛が薄い』ということは、男性と女性を比較してみれば明らかで、体毛が多い、少ないはホルモンによる作用なのです。

 

 

体毛が薄い人は「エストロゲン」という「女性ホルモン」が関係しているのです。

 

 

そして、豆乳発酵液(イソフラボン)はエストロゲンと同じような作用をするといわれ、このイソフラボンの入った石鹸をつかえば、抑毛効果があるということなのですね。

 

■ラレアディバリカタ葉エキス

 

ラレアディバリカタ葉エキスは、 キャピスローという樫(カシ)の一種から抽出されたもので、最近脱毛関連の商品に使われるようになってきました。

 

 

期待の新成分とも言われています。 ラレアディバリカタ葉エキスは、ムダ毛の発育、成長を遅らせる効果があると言われています。

 

 

また、保湿効果を併せ持つことで、脱毛処理後にも肌をなめらかに保つ効果もあると言われています。

 

■ブロメライン

 

”ブロメライン”とは、パイナップルの果実から取ることのできる自然の酵素で『たんぱく質分解酵素』と言われています。たんぱく質を分解するということは、ムダ毛も当然たんぱく質でできていますから、効果があるということですね。

 

髪の毛の栄養はたんぱく質です。この”ブロメライン”を肌に擦り込むことで毛の栄養であるたんぱく質を毛乳頭に届かなくさせるよう働きかけ、毛の生成を抑制するんです。

 

脱毛石鹸ランキング

 

第1位 K-OUT(ケーアウト)
第2位 ヴィーナスエピレ
第3位 エピルンボタニカルソープ
第4位 メルソエル
第5位 デリケートハーバルEPイレーサー
第6位 シャイニーエピソープ
第7位 Girls Pink(ガールズピンク)

 

この脱毛石鹸による脱毛が効果があるとすれば、ほかのどの自己処理脱毛と比べて優れているといえますが、ただ、この石鹸の効果がいつまで続くかといえば、永久脱毛ではありませんので、石鹸の使用をやめれば効果もなくなってしまうということになります。

 

そのような、脱毛石鹸の中で、『K-OUT』という石鹸は、『毛根を毛母細胞から破壊する』ことに効果があるとした脱毛石鹸なので、毛母細胞を破壊していき完全脱毛ができるともいわれています。

 

 

豆乳ローションによる抑毛

 

豆乳ローションの効き目としてあげられるのは抑毛ですが、脇の黒ずみなどにも効果が期待できます。また豆乳ローションは手作りもできますが、その使い方には注意が必要です。 豆乳ローションを手作りしてみました。リンク

 

 

豆乳ローションは、女性にとって欠かせない『ムダ毛処理』の方法の1つとして、最近注目を浴びています。ムダ毛を自己処理している人は多いですが、肌荒れなどのトラブルは避けられません。

 

 

豆乳ローションは、『ムダ毛を抑制する』『ムダ毛を薄くする』ことが出来るローションなのです。

 

 

豆乳が美容に良いと言う話は、みなさんご存じだと思います。なぜ豆乳が美容に良いのかと言うと、それは豆乳に含まれるイソフラボンが脱毛効果や抑毛効果があるのは『大豆イソフラボン』によるものです。

 

 

大豆イソフラボンは体内で女性ホルモンである『エストロゲン』と同じような働きをしてくれます。

 

 

女性ホルモンが多くなれば、その分男性ホルモンの分泌が少なくなります。つまり、大豆イソフラボンの含まれた豆乳ローションを使うことで、『男性ホルモンの影響を弱める』ことが出来るのです。

 

 

つまり、男性ホルモンが原因でムダ毛になっている部分については、抑毛効果が期待できるということなんですね。

 

 

豆乳ローションの最大の効き目は、『ムダ毛を抑制する』ということだと思います。

 

しかし、それ以外にも

 

@ 美肌効果

 

A 体臭予防

 

B バストアップ

 

などの効果が期待できます。

 

女性にとって嬉しいことばかりですね。しかし、豆乳ローションには『脱毛効果』はありません。

 

 

使い続けることで、少しずつ『毛を目立たなくする』『毛を薄くする』ことが出来ます。感じ方には個人差がありますが、比較的効果を感じやすいと言われています。

 

 

豆乳ローションは産毛のような薄い毛に抜群の効果を発揮します。

 

 

顔回りや二の腕などの産毛は、自分では意外と気になるものです。産毛に豆乳ローションを使うと、みるみるうちに産毛が目立たなくなっていきますよ!

 

 

ムダ毛抑制効果だけでなく、美肌効果やバストアップ効果もありますから、全身にくまなく使いたいものですね。

 

 

豆乳ローションは、普段のスキンケアと同じように、お風呂上がりの清潔なお肌に使いましょう。お風呂上がりは温められて毛穴が開いているので、豆乳ローションの成分が毛穴の奥まで浸透しやすくなります。

 

 

気になる『抑毛効果』についてですが、使う場所にもよるようです。やはり濃い毛には効果は薄く、産毛のような毛には効果が高いようです。

 

 

口コミで人気の高い豆乳ローションは、『パイナップル豆乳ローション』です。抑毛効果だけでなく、美白などの美肌効果も得られるという点が人気のようです。

 

 

豚の焼肉などを注文しますと、パイナップルがついていることがありますが、実はパイナップルはたんぱく質を溶かす効果があるということですから、豆乳とパイナップルが入ってれば、その効果は大きくなることが考えられます。

 

 

抑毛ローションにはどんなものがあるの⇒こちら

 

 

 

毛抜きによる脱毛方法

 

毛抜きによる脱毛方法は、手軽でだれでも簡単に行うことができますから、利用される方が多いですが、主にその方法はピンセットなどで直接毛を抜く方法ですが、毛抜きでムダ毛を一本ずつ抜いていく作業は、とても時間がかかってしまいます。

 

 

また、毛抜きによる方法は、デメリットがたくさんあります。当然無理やり毛を抜くわけですから、少なからず肌や毛穴にダメージを与えてしまっています。

 

 

 

毎回繰り返して毛を抜いていると、毛穴が広がってしまい、その毛穴に汚れや角質などが詰まってしまい、見た目が汚くなってしまいます。

 

 

また、広がった毛穴に汚れや皮脂が溜まると黒ずみになってしまうこともあります。毛を抜いたダメージで、皮膚にカサブタが出来たり皮膚自体が厚くなってしまうことがあります。

 

 

そうすると、再生して次に生えてくる毛が、皮膚表面から飛び出せなくなってしまいます。これがいわゆる埋没毛と呼ばれるもので、黒くボツボツとした見た目になってしまうのです。

 

 

 

家庭用脱毛器による脱毛方法

 

家庭用脱毛器の種類

 

家庭用脱毛器には、現在では多くの種類が確認できます。

 

遠赤外線を用いたっレーザー脱毛器、光によって脱毛するフラッシュ脱毛器(光脱毛器)、熱伝導によって脱毛するサーミコン式脱毛器などのように、最近では機械による脱毛が注目されています。

 

 

主な家庭用脱毛器の種類

 

家庭用脱毛器の脱毛方式

 

レーザー脱毛  光脱毛   サーミコン脱毛  超音波脱毛器・高周波脱毛器 などがあります。

 

 

家庭用脱毛器は、販売しているメーカの種類によって、肌への負担・痛みや、脱毛器の価格、効果を感じ始めるまでの期間が大きく変わってきます。

 

 

脱毛器それぞれにメリットとデメリットがあるので、ご自分でどのような使い方をしたいのか、どのような効果があるものが欲しいのか、痛みには弱くないか、などいろいろな条件があると思いますので、メーカー別の脱毛器の特徴をよく知ってから購入しないと、最後には倉庫の中に眠ってしまうと言うことになりますので注意が必要ですね。

 

 

脱毛方式による特徴

 

レーザー脱毛器の特徴

 

レーザー脱毛器は、毛の黒い色を作るメラニン色素に反応する特殊なレーザーを当て、毛を育てている毛根(毛乳頭)にダメージを与えて脱毛する方法です。

 

 

原理的には、クリニックなどで使用しているレーザー脱毛器と同じシステムですが、それと比較してかなりレーザー出力が低く抑えてあります。

 

 

家庭用レーザー脱毛器で、代表的なものは「トリア」というレーザー脱毛器です。

 

 

しかし効果はあるものの、使用した感想は、かなり痛みが強いということですね。

 

 

 

家庭用のレーザー脱毛器のデメリット

 

1・痛みがかなり強い

 

よく痛みについて輪ゴムでぱちんとはじいた程度などと表現されることがありますが、脚や腕ならその程度の痛みかもしれませんが、脇の部分やデリケートゾーン(Vライン、Iライン、Oライン)など、そして毛が太かったりしますと、その痛みはかなり鋭い痛みを感じる場合があります。

 

 

痛みの感じ方は、痛みに強い体質の方と痛みの敏感な方では感じ方が大きく異なりますので、痛みに敏感な方には、レーザー脱毛は向いていないかもしれませんね。

 

 

2・照射範囲が狭い

 

レーザー脱毛は位階の照射範囲が狭いので、何回も照射しないといけませんし、時間と手間がかかりますし、何度も痛みに耐えなければいけませんから、かなりの忍耐が必要ですね。

 

 

3・黒いものに反応するので日焼けとかアザ、ほくろには注意

 

日焼けしていると毛ではなくて肌のメラニンにレーザーが反応してしまうので、日焼けしている人は使えません。

 

 

また、あざやほくろなどに照射した場合に、傷跡になる場合もありますので注が必要です。

 

 

光脱毛方式の脱毛器の特徴

 

 

光脱毛方式の家庭用脱毛器は、フラッシュ式脱毛器とかIPL(インテンスパルスライト)脱毛器などとも呼ばれています。家庭用脱毛器として大人気のケノンは、光脱毛器です。

 

 

家庭用脱毛器のメリットといえば、やはりいつでも自分のペースで脱毛ができるという事でしょう。

 

 

また、料金の方も今では5〜8万クラスのものが主流であり、購入後はカートリッジなどの交換時に数千円程度の費用はかかりますが、エステやクリニックでの施術と比較するとかなり費用を抑える事が出来ます。

 

 

家族や友達と共用して使う事もできますし、人前で肌をさらす恥ずかしさも感じる必要もありません。

 

 

 

家庭用脱毛器のメリット

 

家庭用脱毛器には多くのメリットがあり、普及するだけの理由があります。家庭用脱毛器の1番のメリットは、コスト的なことですね。

 

 

まず何よりも、家庭にて脱毛処理ができるという点が大きいといえます。

 

 

エステやクリニックに通うことは時間を大きく消費してしまいますが、家庭用脱毛器であれば気軽に、かつ好きな時間に脱毛処置できるというメリットがあります。

 

 

また、家庭用脱毛器の、脱毛に必要な経費が安いというのも大きなメリットといえます。エステでの脱毛にしても、医療脱毛にしても、全身脱毛となれば数十万円以上の支出を覚悟しなければなりません。

 

 

その点、家庭用脱毛器は、平均して5〜10万円の本体価格となり、一度購入してしまえば何度でも好きなだけ脱毛でき、エステに比べ安くあがる場合が多いのです。

 

 

ただ、脱毛器の消耗品は毎回必要となりますが、脱毛サロンの異様に比較すれば微々たるもので、特に問題になる金額ではありません。脱毛機本体やカートリッジなどを合わせて計算しても、エステなどで脱毛してもらうよりも格段に安く済みます。

 

 

1・1台あれば家族で共有して使えさらにコストパフォーマンスがよくなる。

 

家庭用脱毛器本体は平均して5〜10万円ほどの価格で、決して安い買い物ではないですから、家族皆が、共有して使用すれば1台で済みますから、コストはかなり安くできます。

 

 

2・家庭用脱毛器の場合、返金保証がついている場合が多い。

 

ネット販売の家庭用脱毛器の場合は、手に取ってみることができませんから、ほとんどのメーカーで、「肌に合わない」「効果がない」などの場合は、はとんどのメーカーで返金保証を受けることができます。

 

 

すべての家庭用脱毛器に返金保証が付いているわけではありませんが、現在通販で売られている家庭用脱毛器のほとんどに、返金保証が付いていますから、安心して購入できます。

 

 

3・サロンでのカウンセリングなど施術前の面倒な手続きがない。

 

エステで脱毛するまでには何かと時間を取られることがあり、貴重な休日が脱毛のために半日潰れてしまう、なんてこともありえます。

 

 

他の予定をキャンセルしても行かなければならない。なんてことになりますが、家庭用脱毛器の場合は時間に余裕がなければササッと気になる箇所だけ脱毛し、余裕があれば、ゆっくり丁寧にと、脱毛にかかる時間を自分でコントロールできます。

 

 

4・有効期限や回数の制限がないが故障する場合もある。

 

エステサロンやクリニックでの脱毛コースの場合、その施術の期間や回数に制限があります。最近は、回数無制限というようなコースも出てきましたが、その中に当然コスト回収の費用は入っています。

 

 

その点、家庭用脱毛器なら、一度脱毛器本体を購入してしまえば、回数や期間の制限なしに、長い間使い続けられるのです。

 

 

どんなに頻繁に脱毛しようと、逆に前回の脱毛からいくら間隔が開いても、自分の好きな時にいつでも何回で使用できます。

 

 

5・人に見られたくない部位も気にせず脱毛できる。

 

普段は服の下に隠れている体のあちらこちらを見られるのは、たとえ、サロンやクリニックの女スタッフが女性であっても恥ずかしいですよね。

 

 

相手は脱毛のプロだと分かっていても、毛が生えている状態のワキやふくらはぎ、ビキニラインなど、さらに最近はIラインとか、Oラインなど、自分でも見たことがないような部分まで見られるのには少々気が引けます。

 

 

その点、家庭用脱毛器なら、自宅にて自分自身が行う脱毛なので、人に見られて恥ずかしいということは全くありません。

 

 

家庭用脱毛器のデメリット

 

家庭用脱毛器のデメリットには、次のようなものがあります。

 

 

業務用脱毛器などと比べて効果が薄いというものがあります。家庭用脱毛器は安全性を重視しているために、脱毛するための出力されるエネルギーは低くなっています。

 

 

そのため脱毛効果が出るまでにはある程度時間がかかると思った方がいいでしょう。また、火傷や器具を不衛生にしていたための肌トラブルなども、すべて自己責任となるという事を忘れないようにしないといけません。

 

 

レーザー脱毛器やフラッシュ脱毛器などの機械系の家庭用脱毛器は、事故を防ぐために業務用よりも出力が低く抑えてあり、効果が表れにくいという欠点があります。

 

 

また、このことから、効果の低さから脱毛期間が長期的になり、家庭用脱毛器が安価とはいえカートリッジ交換などの費用がかかり、結果的に必要費用がエステなどでの脱毛と大差ない状態になることもあります。

 

 

また、脱毛に失敗しても、ほぼ自己責任となります。これらのことから、家庭用脱毛器を選ぶ際には、商品自体をよく吟味してから購入するべきということができます。

 

 

安価とはいえ、それなりの値段はするので、商品の効果やコストパフォーマンスなどについてよく考えてから購入、使用しましょう。

 

 

1・初期投資費用・維持費は自分持ち

 

 

現在販売されている一般的な家庭用脱毛器は、平均して本体価格が5〜10万円くらいです。効果が高くいいものは15万円以上するものまでありますから、最初の出費は、かなりのものになりますね。

 

 

ですから、購入される場合はメーカー別の商品比較をして、失敗の内容にしましょう。

 

 

クレジットで、分割などという方法や、商品によって分割払いOKという商品もありますので、利用されればいいかと思います。

 

 

2・身体の中でも自分で脱毛できない部分がある。

 

 

脱毛できない部位というのはどういう部分かといいますと、背中の部分とか、おしりの後ろとか物理的にできない部分があります。

 

 

脱毛器によっては、顔の脱毛やIライン、Oラインなど脱毛を禁止している脱毛器があります。特に、顔の部分は、レーザー光線が目に直接入った場合に、失明する危険もあるからです。

 

 

3・故障した場合は新たに購入必要(保証期間内はOK)

 

 

買って間もない時期の故障でしたら、1年間ほどの無償修理保証が付いている脱毛器もあるので、無料での修理・交換が可能なこともあります。

 

 

しかし、保証期間を過ぎてから故障した場合に、修理すればかなり高額になりますから、買換えということになり、1年で交換なんてなったなくに泣けませんよね。

 

 

初期費用が大きかった分、予想外に早い段階で壊れてしまうと、手痛い出費となってしまいますよね。

 

 

4・万が一のトラブルの対応は自分で責任を取らなければならない。

 

 

家庭用脱毛器を使って脱毛した際に、脱毛器が合わなくて、肌のトラブルが起きてしまった場合、どうすれば良いのでしょうか?

 

 

熱線が肌に当たって火傷した、毛穴にばい菌が入って炎症を起こしたなど、また、脱毛器の光線は黒いものに反応するようになっていますので、間違ってホクロとかキズぐちなどに照射してしまい炎症を起こしてしまうなど、万が一に備えてその対応を考えておきたいです。

 

 

脱毛器自体が肌に合わなくて、皮膚が予想以上に荒れてしまうこともあるかもしれません。

 

 

けれどもトラブルが起きた際の処置を、その脱毛器メーカーに求めることは当然できません。

 

 

そのようなトラブルになった場合は、直ちに、病院で診察を受けましょう。もちろん、病院の治療費はメーカーの器具の不良などが証明されない限り、自己負担となります。

 

 

5・家庭用脱毛器は安全性重視ために効果が薄い。、

 

脱毛するための出力されるエネルギーが低く設定されていますので、脱毛効果がとても低くて、効果の低さから脱毛期間が長期的になり、家庭用脱毛器が安価とはいえカートリッジ交換などの費用がかかり、結果的に必要費用がエステなどでの脱毛と大差ない状態になることもあります。

 

 

家庭用脱毛器の人気商品

 

 

脱毛器「ケノン」!家庭用脱毛器では最高の性能です

 

「エピナード」痛くない家庭用脱毛器・評判

 

トリア・パーソナルレーザー脱毛器・評判

 

 

サーミコン式家庭用脱毛器の特徴

 

「サーミコン式」は、熱線でムダ毛を焼き切る方法で、最近開発された方式ですが、毛を焼いて切るので、脱毛というより「除毛」あるいは「減毛」で、普通のシェーバーと同じような感覚で使えて手軽にできるのが特徴です。

 

 

熱で毛を焼き切るとき、その熱が毛根にまで伝わって毛根にダメージを与えるので、毛が生え変わる周期を遅くする効果があります。

 

 

熱線を使いますが、その方法は肌に直接熱線が触れるわけではないですが、なんとなく熱で焼くといいますと、熱くない?と心配する人がいますが、熱源が直接肌に触れるわけではありませんので、まったく心配はありません。

 

 

サーミコン式脱毛器のメリット

 

サーミコン式脱毛器は、最初は数日に1回くらいのペースで、発毛の状態を見ながら使用していますと、完全に脱毛できるわけではありませんが、すこしずつ発毛の状態が変化してきますから、だんだん毛質が薄くなったり、発毛の回数が減ってきますから、その状態に合わせて回数を調整してください。

 

 

1・カミソリやシェーバーだと、肌が弱い人や、敏感肌の方の場合は、カミソリ負けで肌荒れする人もいます。

 

でも、サーミコン式だと熱線は肌に直接触れないので、痛みも感じないし、熱いという感覚もあまりありません。このように、肌荒れも起きないのがメリットです。

 

2・サーミコン式脱毛器の場合はカットするのではなくて熱で焼き切る

 

普通のシェーバーやカミソリは毛をスパっと切るので、剃った後はすぐはキレイですが、1日もすると発毛が始まりチクチクしますね。

 

 

毛の切断面の面積が広くなるので、毛が太く見えるのもデメリットです。でも、サーミコン式は焼き切るので毛の断面が広がることも、チクチクすることもありません。

 

3・うすい毛とか産毛などに効果が高い

 

レーザー式の脱毛器では、うすい毛とか産毛などには効果が出にくいですが、サーミコン式脱毛器の場合は、細い毛も焼き切ってしまいますのできれいに仕上がります。

 

 

サーミコン式脱毛器のデメリット

 

1・サーミコン式脱毛器の脱毛効果は薄い

 

サーミコン式脱毛器はだれでも簡単に取り扱いできますから、手軽にシェーバー感覚で使えるサーミコン式脱毛器ですが、レーザー式や光脱毛式に比べて、脱毛効果は弱いというか、減毛といったレベルの脱毛と考えてもいいでしょう。

 

2・サーミコン式脱毛器の脱毛効果が出るまで時間がかかる

 

毛を焼き切るときの熱が毛根にも伝わるのですが、直接毛根に働きかけるわけではないので、脱毛効果が出るのは、かなりゆっくりだと考えたほうがいいと思います。

 

3・痛みはほとんどないが効果が出にくい

 

時間がかかってもいいから、痛いのは嫌だから、ゆっくりでもいいからいいという方は、サーミコン式脱毛器がお手軽でしょうね。

 

 

高周波式家庭用脱毛器の特徴

 

高周波式家庭用脱毛器とは、先のとがったピンセットのようなものでムダ毛を挟み込んで、高周波(エネルギーがとても高い電波のようなもの)を流すことで熱エネルギーを発生させ、毛根のまわりの組織を壊し、痛みや抵抗を少なくしてから毛を抜く方法です。

 

画像

 

高周波式脱毛器のメリット

 

高周波式家庭用脱毛器のメリットは、光などを使用しませんから、顔の部分や目の周り、眉毛などを脱毛するのに使うことができます。

 

 

前もって高周波で毛根組織が破壊されていますので、抜くときの痛みはほとんどなく、痛みがあったとしても、脱毛回数を重ねるごとにだんだん痛みも和らいできます。

 

 

ただし、骨に皮膚があまりついていない、膝や足のすね、足の甲など、皮膚が薄い部分ですと、骨の部分にも高周波が届いてしまい、強い痛みが出ることもあります。

 

 

また、レーザー脱毛や光脱毛は、黒いものに反応するために、あざ、ほくろ、日焼けした部分などは、使用できませんでしたが、高周波式家庭用脱毛器の場合は、メラニンなどの黒いものがあっても使用ができます。

 

 

価格はほかの脱毛器に比較すれば、とてもお値打ちに購入することができます。

 

 

高周波式脱毛器のデメリット

 

高周波式家庭用脱毛器の最大のデメリットは、毛を挟み込んでから電流を流すわけですが、その時間が数十秒もかかってしまいますから、とにかく時間がかかりすぎるということです。

 

 

また、その効果を考えてみますと、脱毛回数に比較して効果が出るようになるまでにとても時間がかかるということでしょうね。細かい作業があまり好きではない方には、おすすめできませんね。

 

 

超音波式家庭用脱毛器の特徴

 

超音波脱毛器の仕組みは高周波脱毛器と同じシステムで脱毛する構造ですが、ピンセットで毛を挟んで、そこに高周波(エネルギー)の代わりに超音波を流して脱毛する方法です。

 

 

超音波というものは、高周波の反対の低周波とも言ってよいかと思いますが、非常に低い音源は振動を発生するという原理を応用したものです。

 

 

超音波式脱毛器のメリット

 

超音波式脱毛器の場合は、今までの脱毛器とは違い、まったく熱源がありませんので、肌への負担や痛みはほとんどありません。高周波脱毛器と同じく、光を使わないので、まゆ毛や口元など、顔に使うこともできます。

 

 

超音波式脱毛器のデメリット

 

超音波脱毛器の使用を続けていると、毛がだんだん細くなり、生えてくるスピードが遅くなりますが、その速度はとても遅くて、早い人でも、効果を実感できるまでには、2〜3年程度かかるといわれています。

 

 

ただ、高周波式脱毛器や超音波式脱毛器の場合には、ムダ毛がだんだん細くなっていくので、その細いムダ毛が埋没毛となってしまうという危険性があることが知られています。  埋没毛(埋もれ毛)とは⇒こちら

 

 

 

◯◯ 家庭用脱毛器の総合評価

 

家庭用脱毛器は、脱毛器の価格、脱毛方式、脱毛範囲、脱毛時の痛み、脱毛期間など評価するには、様々な要素がありますから、一口にどの脱毛器が一番いいという結論は出ませんが、コストを重視される方は価格面を参考にして、また早く脱毛したい方は、一度に広範囲に脱毛出来てエネルギーが強いものが適していると思います。

 

 

以下に主なメーカーの自己脱毛器の価格・特徴・痛み・効果・メリット・デメリット・口コミなどを網羅しておきますので、それぞれの脱毛の目的に合わせた自己脱毛方法を選ばれるといいかと思います。

 

 

 

家庭用脱毛器おすすめランキング

 

1・ ケノン家庭用脱毛器 アローエイト株式会社


 

 

 

2・トリアビューティー トリア・ビューティ・ジャパン株式会社


 

 

 

 

3・脱毛器LAVIE ヤーマン株式会社

 

 

 

4・レイボーテグランデ  ヤーマン株式会社


 

 

 

 

5・光脱毛器エピレタ(epilata) 株式会社アイリスプラザ 


 

 

 

 

 

6・美ルルクリアベールミニ    株式会社ビューティフルエンジェル


 

 

 

7・IPL光脱毛器は【リーオ】


 

 

 

 

8・ツーピーエス脱毛器 


 

 

 

 

9・ヤーマン直営ショッピングサイト【ヤーマンダイレクト】



 

 

 

 

10・ブラジリアンワックスシェリークリア


 

 

運営者情報
当サイトはリンクフリーですが、次にあげるような内容のサイトはお断りします。
・アダルト関連の記事を扱うサイト
・誹謗中傷を主としたサイト
・著作権侵害の恐れがあるサイト

プライバシーポリシー
当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった汎用技術を用いています。
取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。